お守り・お札 お守り・お札

子供のお宮参りの仕方 子供のお宮参りの仕方

厄除けの祈祷の仕方 厄除けの祈祷の仕方

車のご祈祷 車のご祈祷

ご祈祷 ご祈祷

七五三七五三

歴史歴史(1),(2),(3)

年間行事年間行事

一月 (初詣)

二月 (節分)

六月 (大祓)

七月 (中祭)

十月 (大祭)

十二月 (大祓)

鹿嶋神社の歴史 1
鹿島立ちの事
 昔から、遠方へ旅立つことを、俗に「鹿島立ち」という。
 6世紀に、日本は任那(みまな)(今の朝鮮半島南部)に勢力の拠点をおいていたが、新羅(しらぎ)(今の朝鮮)・百済(くだら)(今の朝鮮)の勢いが強まり、それを放棄した。日本は、その後も兵を朝鮮に送ったが、白村江(はくすきのえ)の戦い(663年)で唐(今の中国)・新羅の水軍に敗れた。そのため日本は、朝鮮や中国の攻撃を防ぐため、筑紫(つくし)(今の九州地方)の地に城を築き、砦(とりで)を設けて、防備を厳重にし、その守備兵(防人(さきもり))を主として東国から募集した。応募した若者は、鹿島の宮に集まり、武運長久(ぶうんちょうきゅう)と、旅の安全を祈って、任地に赴(おもむ)いたところ、戦争もなく、無事に帰還できたということで、「交通安全」の神様としても有名である。
本殿の情報
★昭和6年10月に竣工
★設計 佐々木岩次郎、施工 伊藤平左衛門
★形式、流れ造り。あらゆる要所に飾金具が施されている。
檜材白木(ひのきざいしらき)造り。
旧殿の情報
★この建物は中央にある大きな本殿がたつ前は、そこに鎮座していたのだが、新しい本殿が出来てからは、建物の周りに彫られてある鎌倉彫りの彫刻が貴重なものなので壊さずに今の所に移したそうです。
★文化8年(1811)に竣工
★昔は本殿の周りに小さい祠がたくさんあったのですが、今の所に移されたさいに、下に示した五つの御祭神を合祀(ごうし)したそうです。
●天祖神社
●金刀比羅神社
●稲荷神社
●三峯神社
●八幡神社
★境内には、天明5年(1785)奉納の碑文をもつ鳥居、狛犬、水盤、天明7年(1787)奉納の石造随神像(いしづくりずいしんぞう)などがあります。
境内の二本のタブノキの情報
★どちらも樹齢約二百年で、神社の象徴として、信仰の対象になっているそうです。
★昭和四十四年、鎮座一千年の年に、品川区指定天然記念物として認定されたそうです
不老門の情報
★言葉のとおり健康長寿に御利益があるようですが詳しいことがわかりません。情報お待ちしております!
江戸時代後期の俳人 大野影山の句碑の情報
炉(ろ)の友に
めぐり逢(あ)いたる
さくらかな

三世 杜格斎影山
(さんせい とかくさいけいざん)

と書かれているそうです。
大井囃子の情報
★江戸時代から続いている伝統ある江戸囃子で、大太鼓(おおだいこ)一、調太鼓(しらべだいこ)二、鉦(かね)一、横笛(よこぶえ)一の五人編成で演奏するそうです。
★品川区指定無形文化財に指定されているそうです。
★会長の高林忠七さんが、昭和36年にまちの有志と共に「大井囃子保存会」を結成して、戦後途絶えていた大井囃子を復活させたそうです。
★文政3年に始まったといわれる大井囃子は、170年以上の歴史があるそうです。
鹿嶋神社の歴史 2 >>
   
inserted by FC2 system